6月27日にニコニコ生放送でライブ上映されたNITRO SUPER SONIC 10th AnniversaryのWEB LIVEを見た。
ライブは大変そうなのでこんな機会でもなければ実際に行く事は無かったと思われるが、家に居ながらにしてライブを見る事が出来るとは大変便利な時代になったものである。
内容が主に私の興味のある対象に絞られてしまう事と、途中で離席を余儀なくされたりすることもあった為、例によって偏りまくりなレビューではあるがご容赦を。

開始予定時間は15:00だったが、機材にトラブルがあったとのことで始まったのは16:00になってからだった。その間にニコニコの方ではニトロ最狂広報のジョイまっくす氏が楽屋から楽屋へと駆け巡り、出演者の人に突撃をかまして間を持たせていた。そのため終了時間は大幅に遅れて実に23:30を過ぎ、中継も先ほど終わったばかりである。
コメントはできないようになっていたが、開始前や途中の休憩時には一時的に解禁され、視聴者が自由にコメントを書き込む事が出来ていた。

内容としては歌とトークと新作発表。曲はニトロプラスとキラルとブラスレイターから、ほとんど全ての作品から2曲ずつぐらい入っていたような気がする。
新作発表があったのは装甲悪鬼村正とSteins;Gate。プロモーションPVと曲が流れており、ライブ最後の大トリには小野正利氏による村正の主題歌で締められた。曰くまだ作成中の曲らしく、終了後の打ち上げで小野氏が「すみません、歌詞間違えましたー」と謝っていたのに対してジョイまっくす氏が「むしろ小野さんの間違えた歌詞に変更するぐらいで!」のような事を言っていた。
それから沙耶の唄が海外進出するという発表もあった。アメコミから出版されるそうで、イラストも一枚発表されたが絵柄が違いすぎるというか面影を留めていなかった。というか沙耶が幼女ですらないし、郁紀も目にしただけでSAN値が削られそうな濃い絵柄だった。ニトダイから買えるようになるらしいが、絵柄はともかくアメコミだとどんな表現のされ方をするのか気になるところなので、恐いもの見たさで見てみたい気もする。

曲の合間合間には、その作品のショートドラマがゲームの画像付きで流されていたが、それらの多くはライブのためにライターの方が書き下ろして収録したものだそうな。
咎狗の血ではアキラとケイスケが処刑人から逃げている寸劇の後、処刑人の中の人たちがステージ上に登場するという形式のショートドラマや、キリグンが初めて会ったというエピソードが上映された。沙耶の唄だと開花エンドの沙耶と郁紀の台詞の後で井戸エンドの耕司のモノローグ(書き下ろし)、月カルのロメオ&アンナvsヴェドゴニアの惣太(変身後)みたいな素敵なコラボもあった。デモンベインの大十字九郎&アル vs マスターテリオン&エセルドレーダも非常に良かった。
ブラスレでもデタラメな残像とか歌うだろうし、何か流れるといいなーと思っていたけど、予想を遥かに上回るものだった。

最初にブラスレイターの映像と共に流れたのはザーギンの「この世界は滅ぼさなきゃいけないのに、どうして君は僕のところに来ない」みたいな問いに対し、ジョセフがそれに対し「人間は罪深いけど生きる意味はある」みたいな内容の会話をするというもの。要約この上ないこと申し訳ないが、一回目はまさかの衝撃のあまり会話の内容はほとんど吹っ飛んでしまっている。しかもそれだけでは終わらなかった。
二回目は過去編の映像の切り貼りと共に、眼鏡ザーギンと15歳ジョセフが「雨やまないねー」「僕が悲しむ前に君やサーシャが悲しい顔をするから、僕が悲しんでる暇なんかないよ」みたいな会話をするというものだった。正直、これだけでも既にザージョセ最強燃料である。現在のザージョセに過去編眼鏡とショタである。これを燃料と言わずして何と言おう。ましてや本編中の過去編は情報量が極端に少ないため尚更である。録音の準備だけでもしておかなかったのをこの時ほど後悔したことはない。というかニトロは一体どんな層を狙うつもりだったのかw
しかしこの書き下ろしショートドラマ、一体誰が書いたのだろうか。過去編シナリオは太田さんだが、小林さんの可能性もあるし、大穴で虚淵さんという可能性もあるかもしれない。つーかニトロ社内の人だしそっちの可能性の方が高いかもしれない。

ブラスレの為だけにライブのDVDないしCDを買いそうな勢いではあるが、果たして発売されるのだろうか? いや音だけでもいいから本当に頼みますニトロさん。他のショートドラマも非常に良かったし、今回も出してほしいところ。